プロテインで太る?筋トレ初心者が知るべき正しい飲み方とは!

プロテインは筋トレやダイエットに欠かせないサプリメントですが「飲むと太るのでは?」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
プロテインを正しく飲めば、太るどころか効果的に筋肉を増やし、理想の体型に近づくことができます!
本記事ではプロテインと体重増加の関係や太らないためのポイントを分かりやすく解説します。
筋トレ初心者の方も、これを読めばプロテインの正しい飲み方がわかるはずです。
健康的でかっこいいボディを目指して一緒にプロテインを味方につけましょう!

目次

プロテインを飲むと太るのか

プロテインは体重増加の直接的な原因ではない

プロテインを飲むだけでは太ることはありません。

体重はエネルギーバランスが摂取カロリー>消費カロリーになると増加していきます。
つまりプロテインを飲んだからといって体重が増えるわけではありません。
プロテインを飲んで体重が増えたことがある人は、日常の食生活を見返す必要があります

プロテインは筋肉増強に効果的

プロテインは筋肉の成長と回復に不可欠な栄養素です
筋トレやスポーツをしている方にとって、プロテインは筋力アップと体づくりに欠かせません!
適度な負荷のトレーニングとあわせてプロテインを摂取することで、効率的に筋肉量を増やすことができるのです。
年齢や性別に関係なく、健康的な筋肉を維持・増強したい方には、プロテインがおすすめです。

プロテインを飲んでも脂肪はつかない

プロテインの摂取だけでは、脂肪がつくことはありません。
プロテインは筋肉の成長に役立つ栄養素であり、脂肪の蓄積に直接影響を与えません。
過剰なカロリー摂取や運動不足で摂取カロリー>消費カロリーのバランスになることが脂肪増加の主な原因です。
プロテインを適量摂取し、バランスの取れた食事と適度な運動を心がければ、太る心配はありません!
健康的な体づくりのために、プロテインを上手に活用しましょう。

プロテインを飲んで太る原因

カロリー過多になっている

プロテインを飲んで太る主な原因は、カロリー過多になっていることです。

プロテインを飲んで太ったと感じている方はほとんどが炭水化物や脂質の摂取量が多くなっています
炭水化物や脂質の摂取量が多くなるとカロリー過多になりやすいので注意が必要です。
食事全体のバランスを考え、適切なカロリー管理が太らないためのポイントですね。

運動不足である

プロテインを飲んでいても、運動不足だと消費カロリーが小さく太る可能性があります。
プロテインは筋肉の成長をサポートする栄養素ですが、筋肉を効果的に増やすにはジムでのトレーニングが不可欠です。
摂取したプロテインを筋肉に変えるためにも、定期的な運動を心がけましょう!
ジムでのトレーニングや自宅でのボディウェイトエクササイズなど、自分に合った方法で継続することが大切ですよ。

プロテインの飲みすぎである

プロテインの飲みすぎも、太る原因の一つです。
必要以上にプロテインを摂取しても、筋肉の成長にはつながりません。

自分に適したプロテイン摂取量を知ることが重要です!
体重や運動量に応じて、1日に必要なタンパク質の量を計算しそれに合わせてプロテインを飲むようにしましょう

酒井さとし

太らないためには摂取カロリー>消費カロリー。
このバランスにならないよう調節することが最も重要です!!

プロテインを飲んで太らないためのポイント

適切なタイミングで飲む

プロテインを飲むタイミングを適切に選ぶことで、太るリスクを減らすことができます。
筋トレやスポーツの前後、特にトレーニングの30分前に飲むのが最もおすすめのタイミングです!
運動後のプロテイン摂取は、筋肉の回復と成長を促進し、体脂肪の蓄積を防ぐのに役立ちます。
朝起きた時や就寝前など、他の時間帯でもプロテインを上手に取り入れると良いでしょう。

適量を守る

プロテインを飲む際は、適量を守ることが太らないためのカギとなります。
自分の体重や運動量に応じた適切なプロテイン量を知り、それを守るようにしましょう!
一般的に、体重1kgあたり1.5〜2.0gのタンパク質が目安とされています。
過剰摂取は脂肪増加につながるので、適量を心がけることが大切です。
プロテインは健康的な体づくりのための味方ですが、飲みすぎには注意が必要ですよ。

バランスの良い食事を心がける

プロテインを飲んで太らないためには、バランスの取れた食事が欠かせません。
プロテインだけに頼るのではなく、他の栄養素もしっかり摂取するようにしましょう!
特に、食物繊維が豊富な野菜や果物、健康的な脂質を含むナッツ類などを食事に取り入れることをおすすめします。
また、炭水化物の摂りすぎには注意が必要です。
プロテインとあわせて、バランスの良い食事を心がければ、太る心配はありません。

運動と組み合わせる

プロテインの効果を最大限に引き出し、太るリスクを減らすには、運動との組み合わせが大切です。
プロテインは筋肉の成長をサポートしますが、実際に筋肉を増やすには運動が不可欠なのです!
ジムでのウェイトトレーニングや自重トレーニングなど、自分に合った運動を定期的に行いましょう。
プロテイン摂取と運動を上手に組み合わせることで、効率的に理想の体型を目指せますよ。

太らないプロテインの選び方

低カロリーのプロテインを選ぶ

太らないプロテインを選ぶなら、まずはカロリーに注目しましょう。
低カロリーのプロテインを選ぶことで、脂肪増加のリスクを抑えることができます!
特にプロテインバーは糖質、脂質を含みカロリーが高いものがあるので製品の成分表示をチェックし、糖質や脂質が少ないものを選ぶのがおすすめです。
ホエイプロテインやソイプロテインなど、高品質で低カロリーのプロテインを上手に活用しましょう。

自分の目的に合ったプロテインを選ぶ

太らないプロテインを選ぶには、自分の目的に合ったものを選ぶことが重要です。
筋力アップが目的なら、ホエイプロテインがおすすめです!
ダイエット中の方は、ソイプロテインやカゼインプロテインなど、低カロリーで満足感の高いプロテインを選ぶと良いでしょう。
植物性プロテインを探している方は、ピープロテインやヘンププロテインなども選択肢の一つです。
自分の目的やライフスタイルに合わせて、最適なプロテインを選びましょう。

アレルギー成分が含まれていないか確認する

プロテインを選ぶ際は、アレルギー成分が含まれていないか確認することが大切です。
プロテインサプリメントには、乳製品、大豆、小麦、卵などのアレルギー物質が含まれている場合があります。
乳製品アレルギーの方はソイプロテインを、大豆アレルギーの方はホエイプロテインを選ぶ様にしましょう!
自分にアレルギーがある方は、成分表示をよく読み、アレルギー物質が含まれていないプロテインを選びましょう!
アレルギー反応を避けるために、成分表示を確認する習慣をつけることが重要ですよ。

プロテインの選び方に関して以下の記事で詳しく解説しています!ご覧ください!

あわせて読みたい
プロテインの種類と選び方を徹底解説!目的別のおすすめプロテインも紹介 プロテインは筋トレに欠かせないサプリメントですが、その種類の多さに戸惑っていませんか?この記事では、プロテインの種類ごとの特徴や吸収率の違いを詳しく解説しま...

子供がプロテインを飲む際の注意点

成長に必要な栄養素が不足しないようにする

子供がプロテインを飲む際は、成長に必要な栄養素が不足しないように気をつけましょう。
プロテインに偏りすぎず、バランスの取れた食事を心がけることが大切です!
子供の成長には、タンパク質だけでなく、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなども欠かせません。
プロテインサプリメントに頼りすぎず、普段の食事から必要な栄養素をしっかり摂取するようにしましょう。

年齢に応じた適量を守る

子供がプロテインを飲む際は、年齢に応じた適量を守ることが重要です。
子供の体重や運動量に合わせて、適切なプロテイン量を計算しましょう!
一般的に、子供のタンパク質必要量は成人よりも少なめです。
成長期の子供は、体重1kgあたり1.2〜1.6gのタンパク質が目安とされています。
子供の年齢や発育状況に応じて、プロテイン摂取量を調整することが大切ですよ。

医師や専門家に相談する

子供にプロテインを与える前に、医師や栄養の専門家に相談することをおすすめします。
子供の成長段階や健康状態に合わせて、適切なプロテイン摂取量や与え方を確認しましょう!
特に、アレルギーや持病がある子供の場合は、医師の指示に従うことが大切です。
子供の健康を第一に考え、専門家のアドバイスを参考にしながら、プロテインを上手に取り入れていきましょう。

お役に立ちましたらシェアお願いします

記事の感想や不明点などお気軽にコメントください!

コメントする

目次