パーソナルトレーニングいつまで続けるべき?

身体を変えるために意を決してパーソナルジムに通い始めたものの「いつまで通いうべきなのか?」という方や、パーソナルジム通いを検討していていつまで通うのか分からずパーソナルジムに入会しようか迷っている方も多いのではないでしょうか?今回はパーソナルジムジムはいつまで続けるべきなのかお伝えして行きます。

目次

パーソナルトレーニングの継続期間は3ヶ月が一般的

パーソナルトレーニングの継続期間で一般的なのが3ヶ月間です。
その理由は週2回、3ヶ月間継続して行うパーソナルトレーニングが効果が出やすく、トレーニングの習慣作りとしても最適な期間だからです。多くのパーソナルジムでは3ヶ月のパーソナルトレーニングが1クールとして設定されている場合がほとんどです。

パーソナルトレーニングをいつまで続けるかは求める結果と現状によって変わる

多くのジムでは、週2回、3ヶ月のパーソナルトレーニングコースが多いとお伝えしましたが、この期間と回数で誰もが理想のカラダを手に入れられるわけではありません。トレーニング開始時の身体の状態、生活習慣、食習慣によってカラダに変化が出始めるタイミングは当然変わってきますし、求める結果によっては理想のカラダになるまでに要する期間は異なります。

目標達成のタイミングで判断する

例えば「3か月で30kg痩せたい」など目標が高すぎると、週2回3か月のパーソナルトレーニング期間が終了しても目標を達成できない事はあります。一方、現実的な目標設定を行いしっかりと頑張れば、3か月のトレーニングで目標達成する場合もありパーソナルトレーニングを辞める一つのタイミングでもあります。目標を達成し3ヶ月のトレーニング期間は頑張ったけど、この先一人で運動を続けられるか不安だったり、生活習慣を完全に改善出来なかった場合などはリバウンドするリスクがあり不安が残るため、そういった場合は継続してパーソナルトレーニングに通うことを検討しても良いでしょう。

頻度を落とす

目標はまだ達成していないけれども、フィットネスジムで自分一人でもトレーニング出来る状態であれば頻度を落として、パーソナルトレーニングを続けるのがおすすめです!
実際にLiBでも週2回通われていた方が、フィットネスジムへ入会するとのことで、ご自身でトレーニング出来るようにメニューを作成してお渡ししたり、実際に一人でトレーニング行なっている様子を動画で撮影し送って頂き、フィードバックを送ったり、次回のトレーニングの際に苦手な種目を一人でも出来るようサポートしております。
こういった形で少しずつ頻度を落とし最終的に自立していく方も多くいらっしゃいます。

自分一人でトレーニング出来ればパーソナルトレーニングに通わなくても大丈夫

上記でも述べた通り、自分一人でトレーニング出来ればパーソナルトレーニングは辞めても大丈夫です。
…が気をつけて頂きたいのが、そのまま一人でトレーニングを続けて目標達成できるのか?
という点は忘れてはいけません。仮に【運動習慣をつけること】が目標の方の場合は自立し継続的にフィットネスジムに通えていたり、自宅で運動出来ていれば目標を達成しているのでパーソナルトレーニングに通うのを辞めても良いかもしれません。

迷った場合

迷った場合は「今の生活を一生続けられるか?」とご自身に問いかけてみてください。
「大丈夫!続けられる!」と自信持って言える方はリバウンドの心配はありません!
「無理だな…」「ちょっと不安だな」という方はトレーナーと一緒に現状と目標を見直しパーソナルトレーニングに通う期間を相談するのが良いでしょう。

パーソナルトレーニングを辞めた後の選択肢

目標を達成し、パーソナルトレーニングを辞め、その後どのようにしてカラダを維持していくのか?
どのようにトレーニングを続けていくのか?現役トレーナーが実際の例をご紹介します。

1.食事管理だけして運動はしない

パーソナルトレーニング終了後は特に運動はせず、食事だけ気を付けて体型を維持していきたい人もいます。
…が正直に言うと非常にもったいないです。
食事管理だけで体重を維持することは不可能ではありませんが、運動量が減るため、本来であれば運動で消費したカロリー分食べられる所が、食事管理だけで体重を維持する場合はその分のカロリーを落とす必要があり我慢を強いられます。
また筋肉量は30~40代に入って何もトレーニングをしなければ、毎年2%ずつ減ると言われています。 筋肉量が減ると、基礎代謝も落ちて体重を維持するのは容易ではなくなります。
なので、自宅でトレーニングしたり、スポーツジムやフィットネスジムに通うなど、何らかの形でトレーニングを続けることをオススメします。


2.自宅でトレーニングする

パーソナルトレーニングが終わったら自宅でのトレーニングに切り替える人もいるでしょう。
ジムに行く必要もなく空いた時間に手軽に出来るのが自宅トレーニングの良さです。
数万円の予算をかければパワーラックなどある程度本格的な器具を自宅に設置する事は可能ですので、自宅にてトレーニングをするのではあれば検討してみるのも良いでしょう。
また、「腕立て伏せ」「背筋」「スクワット」を正しく行え自宅でのトレーニングと食事管理を続けて行けば体型維持は十分可能です。


【腕立て伏せ・背筋・スクワットを日本一分かりやすく解説】


3.フィットネスジム(スポーツジム)に通う

パーソナルトレーニングを辞めた後に一番多い選択肢です。
パーソナルトレーニングでトレーニングやカラダに関する基礎的な事をトレーナーから教わっているので、フィットネスジムでもある程度自信をもってトレーニングに取り組む事が出来るでしょう。
スポーツジムでは自分一人でトレーニングをしていくので、モチベーションとフォームの維持がポイントになります。
モチベーションを保ち継続的にジムに通い続けることが出来ればトレーニングの効果が出て継続的にカラダを変えていくことも可能です。

フォームについては一人で筋トレしていると正しくキープするのが難しいのですが、フォームが乱れると効果が半減するばかりか怪我にもつながります。適切なフォームを保つ為にも定期的に(最初は2週に1回くらいの頻度で)パーソナルトレーニングを都度利用してトレーナーにフォームチェックしてもらったり、重さや回数などトレーニングメニューをチェックしてもらうと一人でも質の高いトレーニングができるでしょう。

まとめ

パーソナルトレーニングいつまで続けるべきなのか述べていきました。
一般的には週2回の3ヶ月間のトレーニング機会が終えたタイミングと目標達成のタイミングで判断する。
というのが多いですが、パーソナルトレーニングを辞めてからも、せっかく高い費用と時間をかけて手に入れたカラダなので出来るだけ維持したいですよね。
運動自体に苦手意識がある方はトレーナーと一緒にトレーニングを行うことで苦手な運動を続けていけるので、そういった方はもちろんパーソナルトレーニングに通い続けるのもOKです。

LiBではお客様の目標や目的に合わせ様々なサポート体制を整えております。
ご自身でフィットネスジムに通いを結果を出したい方にはフォーム指導はもちろん、メニューの組み方やLINEでのフォームチェックを行い、食事管理に不安がある方にはオンラインでの食事アドバイスなどお客様に合わせ幅広く対応しております。
詳しくは下記の『各種メニュー』をご覧ください。

モニター結果一覧〜

お問い合わせ〜

随時更新!! LiB’s SNS

各種メニュー

お役に立ちましたらシェアお願いします

記事の感想や不明点などお気軽にコメントください!

コメントする

目次